煉誕

これ描いてたのはおもに4日で仕上げたのは5日で、
これ書いてるのも5日なんですが、予約投稿機能はこんなときのためにあるのよー。

今回参考に公式絵を見てて気がついたんだけど、煉獄さんの刀の鍔がカオスであった。
絵によって炎の「上」が刃側だったり刀背側だったり…。

どっちが正しいだろうかと考えると、
たぶんふつうには正眼に構えたときが正位置だと思うから、この絵とは逆。
最初その正位置で線画まで描いてたんだけど、公式絵いくつか見て「あ、逆だ」って描き直したんだよね…。
色を塗り終わってからどっちのパターンもあることに気がついたんだけど、
さらに直す気力まではさすがにさすがに…。

Full Image or Continue Reading

ボツにならなかった義勇さん

最初に鬼滅キャラ描こうと思ったときにいちばん描きやすそうと思ったのは実は義勇さんだったんですが…ですが…。
実際にはめちゃくちゃ描きにくくてしばらく練習したりなんだり。
描けない描けないいいながら何度もチャレンジしてたので、実は煉獄さんよりたくさん描いていたりする。
まだ直したい心が残ってるけどとりあえずもうこれで勘弁していただきたい。

鬼滅アニメで使われたフォント買ったので今回使ってみた。
やっぱかっこいいな!!

Full Image or Continue Reading

いろいろしんどい

鬼滅の刃は本誌で読んでるんですがいろいろしんどいことになっています…。
世の中もしんどいことになってますがお元気ですか。わたしは元気です。

重要人物ですが、アニメでは出番まで届かなかった縁壱さんです。
顔良し性格よし才能よしで兄弟から嫉妬されるくらいに恵まれた御仁です。

次のコミックス20巻の表紙を飾るのよね記念&他に描いているものがしんどくて飽きてたので気分転換にざっくりなのですが。

Full Image or Continue Reading

竈門炭治郎

あってよかった診断メーカー。
「できれば3時間以内に竈門炭治郎が決めポーズしているイラストを描く」
という課題だったけど下絵&主線入れして3時間は終了した。
時間制限ははなから守る気がなかったわけですが。
「できれば」だし。

煉獄さんがいちばん好きなんですけど
炭治郎は主人公なのでいつもどーり別格でいちばん好き。
例外もあるけどわたしはいつでも主役推しの人生。

Full Image or Continue Reading

鬼滅ポイピクログ

ポイピクにあげた鬼滅の落書きログ。ポイピクは落書きを載せやすくて(雰囲気が)いいねぇ。
柱の宇髄さんは引退後のなのでほんとは隻腕で、ないほうの腕を描いてしまったけどもう描き直すのめんどくさい。すいません。

To the Gallery

クリスタの彩色を使ってみたけれど…

え、なにこれ。しんどい。AffinityPhotoのほうがよくね。
と思ったけど、ツールの使いやすさはやっぱりクリスタのほうがお絵かき用なのでいろいろ軍配があがっている。

要は筆。しっくりこないのはタブレットのほうに原因があるようにも思えるし。
今回はデフォルトの筆を使いながら調整したりしたんだけど、配布してるものを探して試すほうがやっぱりいいんだろうか。
めんどくさい。めんどくさいな。

Full Image or Continue Reading

沼ってないです(たぶん)

引き続き鬼滅の刃でございます。

アニメはリアタイ…というか、Netflixの配信なので一週間遅れくらいでしょうか、で見終わってから原作ぶっ通しして見事に片足つっこむことになったんですが、炎柱もっと見たいなぁとかいって手を出した原作だったのにひどい。ひどいよ。

円盤半分予約しましたけどそんなはまってるわけでもなくて、わぁ好きだなぁくらいです。

ちょっといいなって思った推しが死んでたので追悼集会やってるだけなんですよ。

 

Full Image or Continue Reading

新年明けまして炎柱

何ヶ月かまえの話ですけど。

Twitterで死んだ推しの人数は?的なアンケートが回ってきまして、
え、あたし死んだ推しなんてもしかしていないんじゃ
…とかつぶやいて余裕ぶっこいてた矢先に推しが死にました死んでました……。

えーと、旬ジャンルはあまり関わりたくないのですが(キャパオーバーするから)
最近リピート率激しい鬼滅の刃です。
リアタイで見てたんですが例によって終わってからなんだかじわじわハマっていました。

とくに煉獄さんね。煉獄さんですよ。
知ってるかもしれませんが炎属性に弱いです。
今年は映画がありまして、まぁ主演煉獄さんじゃね?って感じで
原作読んでる方はいろいろ思うことがあるかもしれませんが
無限列車編が映画化です。おめでとうございます。

Full Image or Continue Reading